経ヶ岬での米軍基地建設計画の中止・撤回を求める緊急共同声明

peacetango.exblog.jp
ブログトップ
2013年 09月 19日

米国・平和活動家Bruce K. Gagnonからの手紙

国際的に著名な平和活動家であり、長年ミサイル防衛問題の反対運動に取り組んでいるブルース・ギャグノン(Bruce K. Gagnon)氏より、京都府・山田知事および京丹後市民へのお手紙をいただきました。

▼京都府 山田啓二知事宛の手紙

September 18, 2013

Governor Keiji Yamada
Kyoto Prefecture
Japan

Dear Gov. Yamada:

I write after having heard the troubling news that your administration is set to give the US military permission to deploy a second X-band radar in Japan, this time in the Kyogamisaki base in the Kyoto Prefecture.

Our organization, working on these space warfare technology issues since 1992, strongly urges you to reject this dangerous and provocative deployment.

I live in Bath, Maine where the US Navy Aegis destroyers, outfitted with so-called “missile defense” systems, are built. We are very aware that the military role of these ships, with their interceptor missiles, is to serve as the “shield” to take out another countries nuclear missiles after a US first-strike attack. In fact the US Space Command has been annually computer war-gaming such a first-strike attack on China, set in the year 2016.

China does not have enough nuclear weapons to launch a first-strike attack on Japan or the US. Nor does North Korea. The only mission for this new X-Band radar is to serve US-Japanese “first strike attack” planning.

If you allow this deployment your community becomes a vital instrument in planning for dangerous warfare that would quickly escalate into a nuclear exchange. These systems are not for defense.

Please do not allow these deployments to go forward.

In peace,

Bruce K. Gagnon
Coordinator
Global Network Against Weapons and Nuclear Power in Space
P.O. Box 652 • Brunswick, Maine 04011 • (207) 443-9502
globalnet@mindspring.com • www.space4peace.org

2013年9月18日

京都府知事
山田啓二様


 私は最近、京都府が、京都府京丹後市経ヶ岬に米軍が日本で2つ目のXバンドレーダーを設置することを認める予定であるという残念なニュースを知って、この手紙を書いています。

 私たちの団体は、1992年以来、宇宙戦争技術の問題に取り組んできましたが、今回の米軍による危険で挑発的なレーダー設置を拒否するよう、強く要請いたします。

 私はメーン州バースに住んでいますが、ここでは、いわゆる「ミサイル防衛」システムの一環である米海軍のイージス艦がつくられています。これらのイージス艦の軍事的役割は──迎撃ミサイルとともに──、米軍の先制攻撃に応戦する他国の核ミサイルを無力化する「盾」の役割を果たすことだ、ということを私たちは痛切に認識しています。現実に、米軍宇宙司令部は、2016年を想定年として、中国に対する先制攻撃のコンピューター演習を毎年行なってきました。

 中国は、日本あるいは米国に対して先制攻撃をするに足りる核兵器を保有していません。北朝鮮も同様です。今回設置されようとしている新しいXバンドレーダーの役割は、「日米による先制攻撃」計画に資することである、といわざるをえません。

 もし貴殿が今回のレーダー設置を認めると、それは京都府が、核ミサイルの応酬にエスカレートしかねない危険な戦争準備の道具にされる、ということを意味します。これらのシステムは防衛のためのものではありません。

 レーダー設置を承認されないようお願いいたします。


宇宙への兵器と原子力の配備に反対するグローバル・ネットワーク
コーディネーター
ブルース・ギャグノン
(君島東彦訳)

▼京丹後市の市民宛の手紙

September 18, 2013

Citizens of Kyotango City
Kyoto Prefecture
Japan

Dear Friends:

I write after having heard the troubling news that your Gov. Yamada is set to give the US military permission to deploy a second X-band radar in Japan, this time in the Kyogamisaki base in Kyoto Prefecture.

Our organization, working on these space warfare technology issues since 1992, has strongly urged Gov. Yamada to reject this dangerous and provocative deployment.

I live in Bath, Maine where the US Navy Aegis destroyers, outfitted with so-called “missile defense” systems, are built. We are very aware that the military role of these ships, with their interceptor missiles, is to serve as the “shield” to take out another countries nuclear missiles after a US first-strike attack. In fact the US Space Command has been annually computer war-gaming such a first-strike attack on China, set in the year 2016.

China does not have enough nuclear weapons to launch a first-strike attack on Japan or the US. Nor does North Korea. The only mission for this new X-Band radar is to serve US-Japanese “first strike attack” planning.

In our recent Global Network newsletter we ran a story about this possible new radar deployment in Kyoto Prefecture. This deployment is a key element in Obama’s announced “pivot” of 60% of US military forces into the your region to surround and “control” China. Your on-going opposition to this radar deployment is important not only locally but also globally. We must stop this growing militarization of the Asia-Pacific before it escalates into a major war or even a nuclear exchange. No one has to tell the Japanese people the dangers of such a nuclear war.

Please know that you have our full support and encouragement. Please stand against this radar deployment and further militarization in the region.

In peace,

Bruce K. Gagnon
Coordinator
Global Network Against Weapons and Nuclear Power in Space
P.O. Box 652 • Brunswick, Maine 04011 • (207) 443-9502
globalnet@mindspring.com • www.space4peace.org

2013年9月18日

京丹後市、京都府の市民のみなさんへ


 私は最近、京都府が、京都府京丹後市経ヶ岬に米軍が日本で2つ目のXバンドレーダーを設置することを認める予定であるという残念なニュースを知って、この手紙を書いています。

 私たちの団体は、1992年以来、宇宙戦争技術の問題に取り組んできましたが、今回の米軍による危険で挑発的なレーダー設置を拒否するよう、山田知事に対して強く要請いたしました。

 私はメーン州バースに住んでいますが、ここでは、いわゆる「ミサイル防衛」システムの一環である米海軍のイージス艦がつくられています。これらのイージス艦の軍事的役割は──迎撃ミサイルとともに──、米軍の先制攻撃に応戦する他国の核ミサイルを無力化する「盾」の役割を果たすことだ、ということを私たちは痛切に認識しています。現実に、米軍宇宙司令部は、2016年を想定年として、中国に対する先制攻撃のコンピューター演習を毎年行なってきました。

 中国は、日本あるいは米国に対して先制攻撃をするに足りる核兵器を保有していません。北朝鮮も同様です。今回設置されようとしている新しいXバンドレーダーの役割は、「日米による先制攻撃」計画に資することである、といわざるをえません。

 私たちの団体のニューズレターの最近号に、京都府への新レーダー設置の可能性に関する記事を掲載しました。今回のレーダー設置は、中国を包囲し「コントロールする」ために、米軍の60%をアジア太平洋に「振り向ける」というオバマ政権の政策の要の1つです。レーダー設置に反対するみなさんの運動は、地元にとってのみならず、グローバルな意味でも重要です。私たちは、核ミサイルの応酬にエスカレートしないように、アジア太平洋の軍事化を阻止しなければなりません。日本人ほど核戦争の危険性を知っている人々はいないと思います。

 私たちはみなさんを全面的に支持し、支援します。今回のレーダー設置とアジア太平洋の更なる軍事化に抗してください。


宇宙への兵器と原子力の配備に反対するグローバル・ネットワーク
コーディネーター
ブルース・ギャグノン
(君島東彦訳)
[PR]

by mamorekyogamisaki | 2013-09-19 12:59 | 賛同


<< 《緊急共同声明: 京都府京丹後...      9/20 緊急記者会見を開催します >>